信頼できるM&Aの仲介業者かどうかは情報量をチェック

オフィス

会社売却のアドバイザー

中小企業にとって事業承継は重要な課題です。会社の存続とさらなる反映を目指すためには経験豊富なアドバイザーが必要です。大抵の場合、銀行などのM&A部門に仲介を依頼しますが、専門業者に頼んでマッチングを待つというのもひとつの手段です。

複数の人

企業買収の支援サービス

会社の事業承継のためのM&Aによって、従業員の雇用の確保や会社の成長を期待できます。仲介業者を利用すれば、経営者の価値観や企業風土を加味して相手先を探してくれます。後継者を育てるよりも確実に会社の繁栄につながる経営者を見つけることが可能です。

スーツの男性

よきアドバイザー

M&Aに慣れている会社はほとんどありません。ほとんどの会社が初めての経験である場合が多くなっているのです。そのため、専門の仲介会社などを利用する機会が多くなっています。選択する際には、成功事例が多いことに主眼を置くべきなのです。

間に入る業者の大切さ

男女

しっかりとした準備のため

M&Aに関わるのは、買い手と売り手になる2つの企業だけだと思っている方も多くいることでしょう。ですが2つの企業だけではなく、間に仲介する業者が入ってM&Aが行われます。なぜ仲介業者が存在しているのかというと、1つ目の理由がより良いM&Aのパートナーを探せるという点です。買いたいと思っている企業と売りたいと思っている企業の情報を集めて、橋渡しをしてくれるのが仲介業者です。ただの仲介役ということではなく、M&Aの交渉時にも間に入ってくれるのがポイントです。買い手も売り手も、自社にとってより良い形で契約をしたいと考えます。そこで第3社となる仲介業者がいることで、双方の言い分をまとめて、より良い形で契約を結ぶことに繋がります。

情報力が左右する

M&Aの仲介業者を選ぶときのポイントが、どのくらいの情報を持っているかです。企業を買いたいと思っているとき、どこの企業を買っても同じではありません。買う業者の事業内容や、買ったときにどういったメリットが期待できるかが選ぶうえで重要です。そこで売り手側の情報を集めるために、仲介業者が活躍します。仲介業者は、自社のM&Aに関する要望をもとに、適した売り手側の企業の情報を集めます。適した企業を選べるように、仲介業者を選ぶときには、コミュニケーションがとりやすいか考慮することも必要です。コミュニケーションをとることで、こちらの意図をくみ取ってもらい、最適な形でのM&Aへつなげられます。またコミュニケーションがとりやすい仲介業者か知るために、業者の評判を事前に調べておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加