信頼できるM&Aの仲介業者かどうかは情報量をチェック

企業買収の支援サービス

複数の人

企業買収で知られるM&Aは敵対的とは限りません。お互いの企業が発展するためのM&Aも人気があります。例えば後継者がいない中小企業の場合、その代わりとなる経営者を求めることになります。その場合、株式を譲渡することで会社の経営権を譲るわけです。これもM&Aの形となります。そして自前で人材を育てるよりも、すでに成功を収めている経営者に運営を任せることで、会社はさらに繁栄する可能性があります。この場合、仲介業者に買い手を探してもらいます。株式を全て購入するだけの資金力がある会社であれば、財務状況も安心というわけです。仲介業者はM&Aの規模によってどこに任せるかが決まります。中小企業であれば、専門業者か地元の金融機関に頼みます。

仲介業者にマッチングを依頼してM&Aを行う目的は2つあります。1つは会社を存続させること、従業員の雇用や取引先との契約を守ることです。そしてもう1つは会社の成長のためです。まず従業員の雇用は、会社を丸ごと売却することで実現します。さらにその経営方針をそのまま受け継ぐ会社を売却先に選ぶことで、事業をそのまま持続させることが可能となります。そして会社の成長に関しては、勢いのある経営者に運営を任せることで、新たな戦略を期待することができます。加えて売却先の会社の経営資源を活用することで、販路を拡大させたり市場のシェアを増やすことにつながります。仲介業者を利用すれば、そのような会社とのマッチングを行ってくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加