信頼できるM&Aの仲介業者かどうかは情報量をチェック

会社売却のアドバイザー

オフィス

事業を継承するためにM&Aを利用するケースが増えています。そこで必要となるのが仲介を行うアドバイザーです。アドバイザーとは、M&Aの相手先企業を探すための仲介業務を担う業者です。専門的にM&Aを扱う業者もあれば、金融機関や証券会社が行う場合もあります。売却金額の規模により、どこに頼むのか決まります。一般的な中小企業であれば、地元の金融機関や専門アドバイザーで十分でしょう。ただしその選定に関しては、リスニングをしっかり行うところが条件となります。M&Aで大事なことは、双方の企業理念に共通点があることです。仲介業務としては、依頼するオーナー社長の持つ価値観に近いものを持つ会社を調査して調べることになります。

M&Aの仲介を行うアドバイザーは、まず公認会計士や税理士といった専門家と提携するケースがほとんどです。まずは企業価値を算出する必要があるためですが、買い手となる企業へ十分納得してもらう根拠を示すことが必要です。続いて仲介するアドバイザーに求められるのは、事業承継を検討している会社の従業員のモチベーションをいかに高めるかということです。より良い商品やサービスを提供することが、企業価値を高めます。けれどもM&Aによる売却を知れば、従業員には動揺が走ります。その結果優秀な人材の流出といったリスクも生じるので、適切な発表時期を伺うことが必要です。このように守秘義務を守りつつも従業員への気配りもできるアドバイザーであれば、安心して会社を売却できるというわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加